スマホ公式アプリの紹介をすると、必ずと言っていい程「LINE@」をしているか、もしくはこれからするのでいらない、と言われます。

今回は、当方の私見ですが、簡単に比較したいと思います。

①知名度
公式アプリ △ アプリ公開時は誰も知りませんので、告知が必要
LINE@    ◎ まず知らない人はいないでしょう

②インストールのしやすさ
公式アプリ ◎ QRコードより、インストールするだけ
LINE@    〇 LINEをインストール済みの場合は良いが、LINEに入っていない場合、登録作業が必要になる

③インストールしてもらいやすいか
公式アプリ 〇 インストール時にお得なクーポンをつけるとか、仕掛けと呼びかけが必要
LINE@    〇 友達になってもらえるかは、お得なクーポンがあるとかの仕掛けと呼びかけが必要

④費用面
公式アプリ 〇 初期費用と月額費用が必要
LINE@     ◎ 無料できるプランがある

⑤運営面
公式アプリ ◎ 配信数や配信日など、店舗側で自由に設定
LINE@    ◎ 配信数や配信日など、LINEのルールに沿って設定

LINEの知名度は圧倒的です。
既にLINE会員でアプリもインストール済みの場合が多く、友達登録がしてもらいやすいです。
また、無料プランがあるので、リスクなしでスタートしやすいです。
しかしながら、LINEの友達の一人として複数の企業が案内通知をした場合、埋没する可能性もあります。

公式アプリは、複雑な会員登録も無しで、アプリをインストールするだけですので、うまく誘導すればインストールしてもらえる敷居は低いです。
ただ、LINE@に比べて、GOOGLEやAPPLEに申請するための費用や製作費用を含めた初期費用が発生し、月額費用も発生するため、ノーリスクでのスタートは難しいです。
しかしながら、運用面では自由に設定する事が出来、またインストールされたユーザーは店舗単独のユーザーとなるので、案内通知は埋没されにくいと思われます。

機能面は、次回で比較したいと思いますが、まずは無料で活用可能な、LINE@は開設して損はなく、むしろ開設して活用すべきだと思います。

ATTRACTアプリ

LINE@

お問い合わせは、兵庫県内でITツールを使った集客支援をしている、「アイティガレージ」までお気軽に・・・
電話:050-7131-9612
メール:chamoto@it-garage.biz
HP:  http://it-garage.biz/